慢性的な膀胱炎の治療には抗生剤のクラビット

高校生の頃に一度膀胱炎にかかってから、今まで何度も膀胱炎を繰り返しています。

最初は腹痛とか生理痛とは違った、立っているのが辛いと思う程の鈍い痛みと、体験したことのない残尿感に我慢が出来ず病院にかけこみました。

病院ではすぐに膀胱炎だとわかり、検査で原因も大腸菌だということがわかりました。

病院で薬を処方してもらい、薬を飲むとすっかり体は元通りでした。

処方してもらった薬はクラビットという抗生剤でした。

それからはずっと膀胱炎になる度にこの抗生剤にお世話になっています。

市販の痛み止めなどは全く効果がありません。

私の場合は生理前に体の調子が崩れたときや、疲れがたまってくると膀胱炎になりやすく、今までのほとんどがそのようなときに体を冷やしたことが原因でした。

何度か繰り返し膀胱炎になってからというもの、随分傾向がわかってきて、自分なりに改善しようと努めています。

しかし痛みにどうしても耐えられないような深刻なときは抗生剤を使うしかありません。

抗生剤は長期にわたって服用できないので、できるだけ飲まなくて済むような生活と、膀胱炎にならないための習慣を心がけています。

けれど自分の体を知るきっかけにもなりましたし、悪いことばかりではなかったと思っています。

(北海道 なみなみさん)

市販薬にない抗生物質を購入する方法