軽い膀胱炎には、市販薬のボーコレンいいかもしれません。

わたしはストレスからと、免疫力低下などから何回か膀胱炎になりました。

最初のストレスからの膀胱炎は、高熱、血尿もあって排尿痛もめちゃくちゃすごかったです。

なので即病院でクラビットという薬を処方されました。

点滴の痛みどめをうけたり、飲み薬も処方してもらいましたが、結構長い期間病院に通いました。

二度目の膀胱炎は痛みはあまりなかったので、テレビのCMに出ていた小林製薬の市販薬のボーコレンを使ってみました。

市販薬で膀胱炎の薬をつかうのは初めてでしたが、今回は軽めの膀胱炎って感じだったので、CMでよく見る商品を選びました。

漢方薬のせいかゆっくり効く、という感じで病院の薬の時とはちがっていまいしたが、漢方薬っていうのがいいし今回は軽い膀胱炎かな~程度だったので、この選択でよかったと思いました。

やっぱりCMの力ってすごいなと思ったのですが、膀胱炎気味だなと思ったら、頭の中で「小林製薬のボーコレン」ってすぐ浮かんだんですよね~。

ちょっと疲れがたまり過ぎたりすると、膀胱炎になりやすいタイプなのか、排尿が嫌な感じになることあるんですよね~、人には言いにくかったけど、これからは軽めの膀胱炎はボーコレンのお世話になりそうですね。

まあ一番いいのは膀胱炎にならないことですが、みんなどうなんだろうなあ、そういえば親友も膀胱炎でトイレが近かったけど、しばらくそのままにしていて、結局長いこと我慢した末に病院に行ってましたね。

性格のちがいか、一度目の膀胱炎があまりにひどかったからか、わたしはすぐ対処しなければ安心できないです。

女性に多いっていうのも困りものです、ネットとかで調べて人気のある膀胱炎用の薬を探してみるのもいいかも。

(東京都 すばる999さん)

ライザップブログ