膀胱炎を抗生物質で治しました。

8月 18th, 2015

私は以前、風邪で病院を受診しそのときに尿を取りました。

その尿を検査した時に先生に「膀胱炎になっている。」と言われました。

私はその時に膀胱炎の症状は全く感じていませんでした。

ただの風邪だと思って受診した病院でまさか膀胱炎と言われるなんて思いもよらず驚きました。

今まで膀胱炎にはなかったことがなかったからです。

膀胱炎になった理由としては風邪で体の免疫が落ちてしまってそれでなったのだろうと言われました。

その時は病院で風邪薬と膀胱炎治療のための抗生物質を処方されました。

薬を飲む時の先生の注意としては膀胱炎の薬は三日間出ていますが膀胱炎がよくなったと言って薬を飲むのを勝手に中止しないでください。

とにかく三日間絶対に薬を飲み続けて下さい。

途中でやめるとまた膀胱炎の症状が出ることがあります。

などという注意を受けました。

私として膀胱炎の症状は出ていなかったのでよくなったか悪くなったのかも分からないまま三日間薬を飲み続けました。

薬を飲みきってからまた病院へ来て下さいと言うことだったので病院でもう一度検査をしました。

その時にはもうすでに膀胱炎は検尿の数値的には治っていました。

風邪の症状も落ち着いていたので薬は三日間で終わりました。

それから先生からはトイレを我慢しないで下さい。とか水分をしっかりとるようになど生活の上で注意することなどを言われました。

それからはその先生の注意をしっかりと守っているので膀胱炎にはなっていません。

(広島県 みけねこさん)




癖になる膀胱炎を予防しています。

8月 18th, 2015

本当に癖になるんです、膀胱炎。

私が初めて膀胱炎にかかったのは、大学生の時でした。

残尿感と出した時の痛みを感じて家の近くの内科に行きました。

そしたら、診断結果はまさかの膀胱炎でした。

自分が膀胱炎になるとは思っていなかったので、すごくびっくりしました。

それからはしばらく症状は現れず、すっかり忘れていましたが、社会人になったある日、悪魔は再びやってきました。

昼間、少し違和感があったんですが、あまり気にしていませんでした。

そうしたら、夜中に激痛がきて、5分ごとにトイレに駆け込んで大変でした。

一晩中冷や汗をかいてたので、翌日はぐったりで、怠くて体が動きませんでした。

それから 完全に癖になってしまって、毎月のように何度も何度もなってしまいました。

いや~、何度なっても辛いですね。

痛くなるたびに病院に行って薬をもらって治していましたが、あまりにも何度もなるので対処法を調べて見ました。

まず、水分をたくさんとって、ちゃんとトイレに行くこと。

もともとあまり水分を取らない方だったので、これは良くないと思い、意識的にたくさん水分を取るように心がけました。

次に、幹部を清潔に保つこと。

整理中、仕事の都合なんかでなかなかナプキンを変えられないことってありますよね。

つけっぱなしのナプキンはばい菌がいっぱい!

極力3時間以内に変えるように心がけるようにしました。

そして最後に、仲良ししたあとは必ずトイレに行く。

これを実践するようにしてから膀胱炎にはなっていません。

苦しんでいる人は、以上のことを意識して、膀胱炎とはおさらばできるといいですね。

(神奈川県 りっつーさん)




不快な膀胱炎を病院で処方された抗生剤で治しました。

8月 18th, 2015

膀胱炎になってしまった時の不快な経験は二度としたくありませんが、今迄に何回も経験してしまいました。

トイレに行ってもスッキリと尿が出ないのに、またすぐトイレに行きたくなってしまいます。

その時によっては急激に症状が出る場合もあって血尿となって排泄されることがあります。

トイレでそれを見ただけでも怖くなってしまいます。

膀胱炎は何度も経験しているのでそういうときは勿論病院へ行って診てもらうのです。

病院に行くまでの応急措置としてとりあえず水分を沢山摂ることをしてから病院へ行くことにしています。

とにかく尿と一緒に菌を身体の外に出してしまわなければならないのです。

水分ならお茶でもジュースでも何でも良いと言われますが、私にはお茶より水のほうが尿が早く出るように思います。

病院では抗生物質を出してくれますが、先生は薬を飲む時の注意もしてくれます。

それは薬を飲み始めて症状が良くなってきても出された薬は最後まで全部飲むようにと言います。

それは自分で感覚としてわかる症状がなくなったとしても、身体の中にはまだ菌が残っていることがあるから処方された薬を全部飲む必要があるというのです。

もし途中でやめたりして菌が残っていたりすると、疲れた時とか体調の悪い時にその菌が働き出すと先生から聞きました。

経験上言えることは膀胱炎のような感じがしたら、とにかく水分を沢山摂ってみることが大切だと思います。

それで先の症状へと進まないで済んだこともあります。

(埼玉県 ayameさん)




出産後の膀胱炎を市販の飲み薬で治しました。

8月 18th, 2015

今まで膀胱炎とは無縁の生活を送っていたのですが、出産後に初めて膀胱炎になりました。

子どもを寝かしつける時は、どうしても時間がかかります。

あと少しで子どもが寝てくれるという時は、多少の尿意は我慢してしまいます。

また初めての子育てだと、子どもが少し泣いているだけで、何とか泣きやませようとしてしまいます。

ミルクの途中で寝てしまいそうになることも多く、いま自分が離れると確実に泣くという状況が良くあります。

多少泣かせておいても全く問題はないのですが、当時はママになりたてで、新米ママの多くがこのような時に尿意を我慢してしまうと思います。

自分のことなど後回しで、とにかく子どもを泣かせないようにしていました。

それを何度も繰り返していたら、我慢のしすぎで膀胱炎になってしまいました。

排尿時に痛みを感じるため、膀胱炎になってしまったと気付きました。

私の場合は薬局で市販の飲み薬買い、その薬をきちんと服用して様子をみたところ、1週間後には症状が良くなりました。

それからは、絶対にトイレを我慢しないと決めました。

子どもは母親がトイレに行っているくらいの時間であれば、泣かせておいても大丈夫です。

自分の体をもっと大事にしなければいけないと気付き、それからは膀胱炎になることはありませんでした。

新米ママさんは、私と同じような失敗をしないで欲しいと思っています。

知り合いのママさんには、私の経験をお話し、膀胱炎には気を付けるようにアドバイスしています。

(千葉県 みみみみさん)




膀胱炎になったら早めの受診をおすすめします。

8月 18th, 2015

膀胱炎は、男性に比べると女性の方がなりやすいといわれます。

これは、尿道の長さに関係があり、男性では16~20センチと長いのに対して、女性の場合は4~6センチと短いためです。

また、女性の場合は、排尿を我慢するのもよくないのでしょうね。

このような膀胱炎ですが、なにが原因でなるかというと、尿道から入り込んだ細菌によって引き起こされます。

それによって排尿時にジンジンするような排尿痛を引き起こしたり、ひどくなると発熱する場合もあります。

男性と女性では症状も違うといいます。

症状が出たら、医療機関に受診し抗生剤を服用するというのが一般的でしょうか。

以前、勤めていた職場で膀胱炎になる女性が何人かいましたが、だいたいは薬を飲んで2~3日すれば、徐々に症状が落ち着いてきていました。

自分で治すというのであれば、体内にある細菌が悪さをしているため、水分をとにかく多めにとって体外に細菌を出してしまうという方法もあります。

細菌を水分で洗い流してしまうというイメージでしょうか。

 僕も、10代の頃、よく膀胱炎になっていました。

今思うと、どうしてあんなになりやすかったのかなと思います。

排尿痛があったり、少ししか排尿がないのに残尿感があるために、何度も何度もトイレにいくことがありました。

ひどい時は、出血をともない、病院に行くと出血性膀胱炎と診断されたこともありました。

僕の場合は、とにかく下腹部辺りを温めていました。

すると、徐々によくなっていましたね。

あとは、自然治癒を待つことが多かったです。

なので、時間がかかっていました。

膀胱炎になったら早めの受診をしましょう。

(住所ー鳥取県  氏名ー虹色 くっきー♪さん)




膀胱炎を悪化させて入院してしまいました。

8月 18th, 2015

数年前の事ですが、トイレが異常に近くなって、でも尿は出てこない、だけど尿意があるのでトイレには繰り返し行く、という症状があらわれました。

翌日はあいにくの日曜日で、病院は空いていませんでしたし、少し頻尿も落ち着いたので、調子に乗って友人のお宅へ遊びに行ってしまいました。

友人の家には、友人のおばあさん愛用の、電流を体に流して血行を良くし、体を健康にする器械が置いてありました。

ここ最近体調不良だったこともあり、ためしに体験させてもらいました。

効果があったのかなかったのかよくわからないままその日は帰路についたのですが、翌朝体に異変が起きました。

40度近い高熱を出した上に、わき腹には激痛が走り、起き上がるのもつらい状態でした。

咳も出ているし多分風邪だろうから、点滴してもらえばすぐ治ると、簡単に考えて病院に行きました。

病院では尿検査、血液検査をしましたが、尿は雑菌だらけ、血液には白血球の増加が見られました。

お医者さんの診断は腎盂腎炎で、膀胱の雑菌が腎臓とつながっている管部分まで上がってきているとの事でした。

前日に体に電流を流したことで色々とめぐりが良くなって、雑菌も活発に移動していったみたいです。

その場で緊急入院となり、雑菌を流すための点滴が24時間体制で続きました。

高熱もなかなか下がらなくて、食事ものどを通りませんでした。

その結果、1週間ちょっとの入院生活の間に3キロもやせましたが、これは嬉しい誤算でした。

膀胱炎は、きちんと薬を飲んでおけば、すぐに治る病気です。

悪化させて入院したことで、仕事でも家庭でもたくさんの人に迷惑をかけてしまい・・申し訳なく思いました。

(徳島県  セルゲイさん)




美めぐり習慣で身体的にも精神的にも若々しく!

2月 10th, 2015

今気に入ってい飲んでいるサプリメントは、「美めぐり習慣」です!

香料、着色料、保存料がゼロで安心ですし、とても小粒で飲みやすく、喉に全然ひっかかることがなくて毎日気軽に飲んでいます。

1年ぐらい前に転職をしたのですが、以前よりも仕事量が多く残業が毎日続き、そして新しい人間関係で気を遣い、毎日フラフラの状態で会社に通っていました。

バランスの取れた食事をしたくても、身体が重くてだるくてなかなかできませんし、サプリメントに頼ろうと思いつき、友人がおすすめする美めぐり習慣を飲むことにしたんです。

飲む前は頭痛、肩こり、身体のだるさ、気持ちの落ちこみ、肌荒れなどに悩んでいたのですが、美めぐり習慣を飲んで三ヶ月ぐらいでそれらのすべてが改善されました。

美めぐり習慣には鉄分がたっぷり入っていますし、改めて鉄分の大切さを実感しています。

鉄分の他にも女性が喜ぶ葉酸、ビタミン類などが色々と配合されていますし、最近は肌がイキイキしており、疲れにくくなりすごくパワーを感じるんですよね。

仕事を辞めてしまいたいと思っていたのですが、最近はやる気が出てきてこんなことで負けられないという気持ちが大きくなってきました。

仕事だけでクタクタだった生活から、帰宅後も趣味を楽しめるようになりましたし、精神的にも身体的にも美めぐり習慣のおかげで余裕が出てきました。

美めぐり習慣を飲みながら、これからも気持ちと身体を若々しくキープしていきたいと思います!

(北海道 M.Sさん)

美めぐり習慣の口コミはこちら




膀胱炎の症状をクランベリーサプリメントで改善

2月 1st, 2015

仕事で1人しかいない部署に配属されていたこともあり、なかなかトイレに行くことができませんでした。

そのため、よくトイレに行きたいのを我慢して何時間も過ごしたりしていました。

すると、ある日、トイレに行ったのになんだか残尿感を感じたりするようになりました。

また、それとともにトイレが近くなった感じがしました。

そんな時、職場内で人数の多い部署に配置換えとなりました。

そのおかげで、自由に好きな時にトイレに行くことができるようになりました。

ですが、トイレが近いのは変わりませんでした。

もしかしたら膀胱炎かもしれないと思ったのですが、仕事の都合でなかなか病院に行くことができませんでした。

そんな時、ネットで膀胱炎に効果があるのはクランベリーとの情報を見つけました。

そこで、DHCのクランベリーエキスというサプリメントを試してみることにしました。

正直、クランベリーのサプリメントが効くかどうか半信半疑でした。

ですが、サプリメントなら手軽に飲むことができるので飲んでみることにしました。

飲み始めた時は特に何も変化はありませんでした。

ですが、1ヶ月ほど飲み続けていたある日、仕事中にトイレに行く回数が減ったことに気づきました。

残尿感もなくなった気がします。

サプリメントを飲むという簡単なことで、不安だった膀胱炎の症状が改善されたので、本当によかったです。

(愛知県 ニコチャンさん)

市販の膀胱炎の薬を買うならこちら




DHCのクランベリーエキスで膀胱炎を予防

11月 23rd, 2014

膀胱炎、特に頻尿気味で、どこに行ってもまずはトイレに行かなければならくて困っていました。

また、寝る前にトイレに行っても数分後にもう一度トイレに立たなければすっきりしないという残尿感もあり、とにかく大変な毎日を送っていました。

このようになったのは出産の後からで、正直まだ若いのになぜこんなにトイレが近いのだろうというやるせない気持ちで一杯でした。

子供がまだ小さく、なかなか頻繁に病院にも行けないので、膀胱炎に効く市販薬かサプリメントはないかとネットで探していたところ、DHCのクランベリーエキスという商品を見つけました。

クランベリーが膀胱炎に効くということをまったく知らなかった私には目からうろこの商品でしたが、膀胱炎で困っている人にはわりと定番のサプリメントのようでした。

商品の口コミを見ると、結構評価が高く、個々の感想も納得のいくものでした。

値段も、1000円ちょっとで30日分と、お手ごろ価格だったので迷わず買うことにしました。

実際の商品は、結構大粒のカプセルの中にたっぷりのクランベリーエキスが入っていました。

食べてみると、ねっとりとすっぱいクランベリーエキスが結構おいしくて、味は毎日食べても大丈夫、という感じでした。

実際の効果は実感することができました。

以前よりもトイレに行く回数が減り、出かけることに躊躇することもなくなりました。

なにより、これがあれば大丈夫、の安心感が違います。

なくならないうちに、来月の分も買い足さなくちゃ、と思っています。

(秋田県秋田市 ぽめらさん)

こちらのサイトにも膀胱炎の治し方が書かれています。
サイト名:膀胱炎の治し方
サイトURL:http://xn--68j2b807w83f25eex3au2a.net/




慢性的な膀胱炎の治療には抗生剤のクラビット

10月 19th, 2014

高校生の頃に一度膀胱炎にかかってから、今まで何度も膀胱炎を繰り返しています。

最初は腹痛とか生理痛とは違った、立っているのが辛いと思う程の鈍い痛みと、体験したことのない残尿感に我慢が出来ず病院にかけこみました。

病院ではすぐに膀胱炎だとわかり、検査で原因も大腸菌だということがわかりました。

病院で薬を処方してもらい、薬を飲むとすっかり体は元通りでした。

処方してもらった薬はクラビットという抗生剤でした。

それからはずっと膀胱炎になる度にこの抗生剤にお世話になっています。

市販の痛み止めなどは全く効果がありません。

私の場合は生理前に体の調子が崩れたときや、疲れがたまってくると膀胱炎になりやすく、今までのほとんどがそのようなときに体を冷やしたことが原因でした。

何度か繰り返し膀胱炎になってからというもの、随分傾向がわかってきて、自分なりに改善しようと努めています。

しかし痛みにどうしても耐えられないような深刻なときは抗生剤を使うしかありません。

抗生剤は長期にわたって服用できないので、できるだけ飲まなくて済むような生活と、膀胱炎にならないための習慣を心がけています。

けれど自分の体を知るきっかけにもなりましたし、悪いことばかりではなかったと思っています。

(北海道 なみなみさん)

市販薬にない抗生物質を購入する方法